自己投資をする時に気をつけるべき3つの点

どうも、黒井みなみ(@961373)です。
自己投資(自分に投資)をするときには、いくつか「気をつけるべき点」があります。

自己投資のリターン(成果)は見えにくい場合も少なくありません。だからこそ自分なりの目標を決めたりなどの対策をとりましょう。そうじゃないと「投資のし損」になってしまいますからね!

今回は自己投資をするときに気をつけるべきことや、意識すべきことを3つ紹介します。

1.未来の自分を想像する

特定のスキルを高めるためにたくさんの書籍を読んだり、ユーキャン的なサービスを利用して勉強をするとき、どれくらいの年月でどれくらいのスキルを身につけ、どういった自分になっているか、という「未来の自分」を想像しましょう。

その未来像を少しずつ「明確に」していき「いまはまだできないけど、3年後にはできるようになっていない!」という目標を立ててみることです。

2.いくら自己投資すべきか?

可能なら「月収の10%」程度を自己投資したいですね。それくらい自己投資ができると「自覚できる」くらいの速度で成長していくことができるでしょう。

自己投資にあまりお金をかけられないひとは「本」を読んでください。ジャンルは問いません。ビジネス書でも自己啓発本でも小説でもかまいません。古本でもいいですから、何かしらの「本」を読み続けてください。ステージを上げるためのもっとも手っ取り早い方法は、本を読むことです。

3.リターンを見極めろ!

自己投資をしたとして、たとえば3年後、どれくらいのリターンが期待できるかを見極めておくことも重要です。そのリターンは必ずしも「お金」ではないかもしれませんが、どれくらいの利益を得られるかをはっきりと見定めることができれば、それがそのまま自己投資のモチベーションになります。

あとがき

どんなにお金がなくても、日本にいればいくらでも勉強ができます。100円あればBOOKOFFで本を買えますし、YouTubeなどの動画共有サイトを活用すればタダでいろいろなことを学ぶことができます。

ぼくもアフィリエイトを始めたばかりのころは他所のブログやウェブサイトに居座って、研究していました。それもパソコンとネット環境があれば追加でお金がかかることはありませんから、ニートのぼくにはうってつけでした。

関連:お金の浪費は知識で回避できる!浪費を断ち切る4つのステップ
関連:小説を読むことで得られる5つの利点

シェアのご協力をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です