ニート諸君!やることないならせどりしてみない?

どうも、黒井みなみ(@961373)です。
ニートだからやることがない。そう考えてはいませんか?

ニートにもできることはたくさんあります。ぼくはニートですが、毎月5万円くらいのお金をブログ(このブログ以外にもたくさん持っています)で稼いでいます。

今回はニートがひとりででき、確実に稼ぐ方法「せどり」について。

せどりってなに?

せどりとは「掘り出しものを見つけて転売することで利益を得る商行為」です。たとえばBOOKOFFなどの古本屋で、もう絶版になって手に入らない書籍が売られていたとします。当然100円です。

しかしこれがインターネットのオークションでは1,000円で取引されていることがあるんです。その書籍を100円で購入してオークションに出品すると(送料なんかの関係で減るかもしれないけど)およそ900円の利益が生まれますよね。これがせどりです。

アルティメットせどり

ぼくがやっていたのは「電脳せどり」です

ぼくはニートのなかでも「ヒキニート」なので、ぼくがやったことのあるせどりは「電脳せどり」と呼ばれる手法だけです。それは最初から最後までインターネット上で行われます。

インターネットで「レアな」中古商品を購入して、オークションに出す。家を一歩も出ずにできるビジネスですね。

Amazonなどのネットショップで商品を購入してオークションに出すだけでも利益を得られる場合があるんです。その「場合」というのは商品によります。

モンスターハンター2ndG(MHP2ndG)のパッケージ-アフィリエイトゼロ

たとえば「モンスターハンター」というゲームがあるじゃないですか。とくに画像の「P2G」は当時すごい人気商品でした。いまなら「妖怪ウォッチ」とかね。そういった超人気商品には「いくら払ってでも手に入れたい」という人がたくさんいます。

ですから自分が購入したときの金額より高く売れるんです。いま流行っている商品だけでなく、たとえばファミコンソフトの「MOTHER」というゲームを知っていますか? ファミコン時代のゲームソフトですけど、現在でも中古で10,000円くらいする場合もあります。

あなたにも「いらないゲームやマンガを売ってみたら思いのほか高額になった」という経験があるかもしれません。せどりはその利益を「自ら作り出す」ことだといってもいいでしょう。

まずは見てみる

外出することのできるニートは、運動不足解消をかねて近所のBOOKOFF(ドン・キホーテとか家電量販店でも掘り出しものに出会えます)に行き「そういう視点」で商品を見てみてはいかがでしょうか。

せどりは「だれでも確実に利益を上げられるのが魅力」です。

ただ圧倒的に稼ごうと思ったら「組織」ぐるみで行う必要が出てくるので、ニートがひとりで行うとしたらおこづかい程度の金額しか稼げないかもしれません。それでも「やることねえな」というニートにはお勧めです。トレジャーハンターみたいな気分でちょっと楽しいしね。

さいごに

せどりでは「掘り出しもの」を見極める「手段」が必要です。パッと見ただけではどれがお値打ちものか分かりませんものね。

そこで下のリンクにあるようなノウハウを「1つ」手に入れておくといいですよ。他にも探せばせどりを行うためのツールやアプリなどもありますので、調べてみることをお勧めします。

アルティメットせどり

シェアのご協力をお願いします。

2 件のコメント

  • […] ▶ニート諸君!やることないならせどりしてみない? […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です