ニート諸君!やることないならアフィリエイトしてみない?

どうも、黒井みなみ(@961373)です。
やることのないニートにも「できること」はたくさんあります。

ニートでやることがないひとにおすすめなのが「ブログで稼ぐ」こと。すなわちアフィリエイトです。最初はお小遣いにもならない額しか稼げないかもしれませんが、気に病む必要はありません。それがあたりまえですから。

アフィリエイトはつづけることに意味があります。ブログやウェブサイトは「過去のページ」にもアクセスが発生します。ニートでやることがないひとは、ひまつぶしくらいの気持ちでアフィリエイトをはじめてみましょうよ・・・という記事です。

アフィリエイトとは

IT用語辞典 e-Words – アフィリエイトより引用しています。

ネット広告の課金方式の一つで、Webページやメールマガジンなどの広告媒体から広告主のWebサイトなどへリンクを張り、閲覧者がそのリンクを経由して広告主のサイトで会員登録したり商品を購入したりすると、媒体運営者に一定の料率に従って報酬が支払われる方式。

 

ようするに「企業の製品や商品、サービスを代わりにインターネット上で宣伝し、成果に応じた報酬を受け取る」ということです。

  1. ブログやウェブサイトをつくる
  2. 内容にあった商品やサービスの広告を載せる
  3. お客さんが商品を買ってくれる(またサービスを利用する)
  4. 広告主(企業)から報酬がもらえる

 

こういう流れでアフィリエイトはおこなわれます。

ぼくはニートはアフィリエイトに向いていると考えています。ぼく自身ニートですしね。やることがないニートは、ひまつぶしにブログをつくってみるといいですよ。

ニートがアフィリエイトに向いている3つの理由

1.ニートには時間という名の財産がある

ニートには「やること」がありません。でも「ほしいもの」はある。それを手に入れるためには、どうしてもお金が必要です。他人といっしょに働くのはめんどくさかったり、怖かったりします。だからアフィリエイトをするんです。

アフィリエイトならひとりでできるし、無料ブログをつかえばリスクもありません。ノーリスクでリターン(すなわち報酬)を得られるんです。

ただアフィリエイトで稼ぐには時間がかかります。よほど卑怯な(非人道的な)手をつかわないかぎり、アフィリエイトをはじめたその日から報酬が発生することはありません。

ブログやウェブサイトにアフィリエイト広告のための宣伝文(記事)がふえるにつれて、ブログやウェブサイトへのアクセスもふえ、アフィリエイト商品を購入してもらえるようになるんです。

アフィリエイト用のブログやサイトを構築するのには(とくに最初のうちは)時間がかかります。このとき、やることのないニートならつぎ込める「時間」が社会人や学生より多いので、非常に有利なんです。

2.ニートは好きなことに情熱をもっている

ぼくはたくさんの引きこもりやニートを見てきました。そしてぼく自身も引きこもりのニートです。だからこそいえることなんですが、ぼくをふくめニートには「好きなことにまっすぐ情熱を注いでいる」ひとが多い。

ゲームでもニコ動でも、2ちゃんねるでもアニメでもフィギュアでも、アイドルでも戦闘機でも電車でも、なんでもいいんです。あなたにはきっと好きなものがあるはず。そしてそれをより多くのひとに知ってほしいという想いもあるでしょう。いわゆる布教活動ですよ。

たとえばゲームが好きなら「アマゾンで買えるおすすめゲームを紹介するブログ」を書くことができます。文章力? そんなもの気にしたら負けです。アフィリエイトでは「売る気マンマンのセールス記事」より「本当にこれが好きなんだ!」という情熱あふれる文章を書いたほうがいい結果を生み出します。

ぼくも好きでもないことを「売れる」という理由だけで書いていたときは、まったく成果が出なかったもん。書いても書いても成果がでなくて、もうウンザリという気持ちでした・・・

ゲームや音楽が好きなら「せどり」というアフィリエイトとは少しちがうネットビジネスをやってみるのもおすすめです。

くわしくはべつに記事を書いているので、そちらで。

ニート諸君!やることないならせどりしてみない?

3.コンプレックスこそ正義

ニートというのは嫌なひびきです。ニートというだけで犯罪者を見るような目つきをするひともいます。そういう人間の嫌なところを見つづけていると、ひととともに生きることそのものが嫌になってきますよね。

でも、ひとたびアフィリエイトをはじめてしまえば、そのコンプレックスこそがあなたの強力な武器になるんです。

ぼくもアフィリエイトをはじめるまでは自分で自分を「やることのないニート」とか「ひとりでは外に出られない引きこもり」というのは恥ずかしかったし、悔しい気持ちになることもありました。

でもそれこそが武器になる。

ぼくは自分のニートとして、引きこもりとして、うつ病患者としての経験にもとづき、いくつものブログを運営しています。

そのなかで「わかります」とか「わたしも同じような状態です」とか「応援してます」というコメントをもらいました。自分のような引きこもりでニートでうつ病で中卒のゴミクズ野郎にも、だれかにとどくものを発信できるんだ! という嬉しさは、いまなおぼくの原動力になっています。

それからは臆することなくインターネットの上で戦っていけるようになりました。引きこもりでニートでうつ病で中卒というのが、ぼくの武器になったんです。

アニメが好きならそう書けばいい。SHIROBAKOのおもしろさを堂々とブログに書けばいいんですよ。SHIROBAKOおもしろかったよね。最後の最後でやっとしずかちゃんが報われるんですよ。ずっとみんなの活躍を横目に見ながら「どうせわたしは・・・」みたいな感じになってた、あのしずかちゃんが。あおいちゃんが見守るなか、ブースに入って台詞を読んだ瞬間、あおいちゃんが泣き出しちゃうんだよ。「ああ、よかった」って。しずかちゃんと一緒にアニメをつくってる、って! もうねえ、ぼくもテレビ見ながらわんわん泣いたよ! いやあSHIROBAKOおもしろかったなあ!

と、書けばいいんです!(どーん)

▼ちなみに「SHIROBAKO」というのはこちらです。

 

まずは「おためし」ではじめてみよう

「アフィリエイトをはじめたから毎日やらなくちゃいけない」なんてことはありません。それを「仕事だ」と考えて緊張する必要もない。無料ブログからはじめればいいし、気が向いたときに記事を書いてみればいい。ぼくはそう思うんです。

ただ始めたらやめないこと。でも休憩はあり。ブログは1ヶ月休んでも1年休んでもいいけど、また気が向いたら記事を書きましょうということです。

ブログはストック型のメディアです。記事がひとつしかないブログと1,000個あるブログとでは、どうしても後者のほうがアクセス数を稼ぎます。なぜなら過去の記事にもアクセスが発生するからです。だからやめちゃうのはもったいない。

無料でアフィリエイトの勉強ができるサービス

それは「アフィリエイトフレンズ」というアフィリエイターをサポートしてくれるサービスです。ぼくも最近アフィリエイトフレンズを知って、即登録しました。

アフィリエイトフレンズではASP(アフィリエイト広告を取り扱っているプロバイダ)や広告主がおこなったアフィリエイター向けのセミナーの動画を、無料で見られるんです。

ぼくは正真正銘の引きこもりなのでアフィリエイトのセミナーに参加したことはありません。有益なのはわかっているんですけどね。そういうひとでも、アフィリエイトの教科書(PDFファイル)を手に入れたり、アフィリエイトフレンズなどアフィリエイターをサポートしてくれるサービスに加入すれば、アフィリエイトの知識を得ることができます。

まずは無料でアフィリエイトフレンズに登録してみてはいかがでしょうか。

アフィリエイトフレンズ

シェアのご協力をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です