モチベーション維持のテクニック3つ

どうも、黒井みなみ(@961373)です。
アフィリエイトでお金を稼ぐためにもっとも重要なのは「モチベーション」ではないかとぼくは思います。アフィリエイトというのは、始めたばかりのころにはあまり報酬も上がらず、モチベーションを維持するのがとても大変です。今回はアフィリエイト初心者が、報酬がなかなか発生しない期間を乗り越えるためのモチベーション維持のテクニックを3つシェアします。

1.あきらめる!

あきらめましょう。ただし「もうアフィリエイトなんてやーめた!」とあきらめるのではありません。

モチベーションには波がある、と認めて、完全にはコントロールできないものだとあきらめてしまいましょう。

そうすることで自分のモチベーションに気を取られずに淡々とルーティンをこなせるようになります。たとえ記事が書けずとも、もう少し難易度の低いタスクに取りかかればいいんです。アフィリエイト商品を実際につかってみることや、ネット上での評判を仕入れること、A8.netなどのASPで広告を眺めることも、アフィリエイトの大事な仕事ですよ。

また、どうしてもモチベーションの良し悪しを気にしてしまうひとは「書けるときに書けばいいのだ!」と割り切ってしまってもいいと思います。

書けそうにない、書きたくないという感情は、誰の心にも生じます。「完全にやめてしまう」のだけ避ければ、またいつか書けそうなとき、書きたいときが訪れるはずです。ポイントはモチベーションの低い自分を責めずに「そういうものだからしょうがない」と楽に考えることです。間違っても「意志の力」だけで仕事をしないように。そうするといつか全部ほっぽり出してしまいたくなりますよ。

2.自分ルールを決める

自分なりのルールを作りましょう。たとえばぼくは「記事をたくさん書くに越したことはないけど、とりあえず1つでも書けたら合格」としています。そうすると「とりあえず1つだけ書こう」という気が湧いてきます。

さらに「記事が書けなかったとしても調べものをしたり、ウェブサイトの構成を考えたりすれば合格」というルールもあります。

”ハードルは低ければ低いほど良いのだ!”

そういってしまうと、なんだか自分を甘やかしているみたいですね。でも疲れていたりしんどかったりで「何もできませんでした」というよりはずっと生産的です。

自分ルールは「これさえやれば合格」というものだけに縛られる必要はありません。他にも「これをやったらお菓子を食べていいぞ!」というご褒美方式のルールがあってもいいでしょう。

ご褒美方式の自分ルールでいえば、ぼくは「作業をしたら動画サイトで動画を一本見てもいい」ということをやっていたりします。そのままニコニコ動画で延々と動画を見つづけてしまうことがある、というのは内緒です。

3.モチベグッズを見つけ出せ!

モチベグッズとは「モチベーションを高めてくれるグッズ」の略称です。初めて報酬が確定したときのスクリーンショットや、お金を支払って購入したアフィリエイトのマニュアルを見返すと、やる気が出てきませんか?

他にも「お金を貯めて行ってみたい国の写真」なんかもいいですよね。俺はアフィリエイトで金を貯めてここに行くんだ! という気持ちになれます。

ぼくはつくえの向こう側の壁にコルクボードを設置して、そこにモチベーションを高める言葉を貼り付けています。

あなたにはどんなモチベグッズがあるでしょうか。ひとそれぞれ少なからずモチベグッズがあると思うので、さがしてみてください。

あとがき

ぼくはこの3つのなかでは「あきらめる!」をもっとも活用している気がします。つまりしょっちゅうあきらめているということだ! アカンですね、こいつ。

ただ、飽き性のぼくがこんなにも長くブログをつづけてこれたのは「休んでもまた再開すればいい」というゆるい言葉のおかげです。ブログはストック型のメディアなのでやめてしまうのはもったいない。ただ、また再開するなら休憩してもいいと思うんです。

シェアのご協力をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です