ブログでもウソばっかついてどうすんの?せめてブログでは自分の気持ちに正直に記事を書こう!

どうも、黒井みなみ(@961373)です。
ブログで稼ごうと思っているのか知りませんが、アフィリエイト商品のことを「ウソみたいに褒めちぎっている」ブログが多いこと!

はっきり言います。そのウソ、むしろお客さんを逃しちゃうから!

せめてブログでは”自分のなかの真実”を熱く語れ!

言いたいことも言えない世の中ですね。それを「ウソ」というのはちょっと切ないけど、でもどうしてもウソをつかなければいけない場面がありますよ。上司のヅラに気づいていないふりをしてあげることも必要です。

だからこそブログではウソを書かないでほしい!

それはぼくの個人的な想いをあなたに押し付けているのではありません。とくにアフィリエイトを用いてブログで稼ぐぞ! というひとは「ウソでもいいから褒めておけ」という精神ではいけない。なぜなら・・・

訪問者「商品のメリットが知りたいなら公式ページを見ます」

アフィリエイト商品の特徴やメリットばかりを並べ立てているアフィリエイトブログやアフィリエイトサイトを見かけます。

訪問者の気持ちになってみましょう。商品の特徴やメリットが知りたかったら、はじめからあなたのブログやウェブサイトなど見ずに「公式ページ」へ行くはずです。つまり・・・

訪問者は「公式ページに書いていないこと」が知りたいんです。

公式の販売ページには当然その商品の「特徴やメリット」が書いてあります。そのページに書いてあることをそのままコンテンツにしたところで、訪問者の興味をひけるはずがないでしょう?

だからアフィリエイターやブロガーは、実際に商品をつかった感想や、その商品をつかったことがないとしてもインターネットをかけずりまわってクチコミやレビューを集めてくるんです。

ブログとは”人柄”である。

ブログとは「人柄」である。それは「ブロガー」でなくとも「ブログで稼ぐすべてのひと」が知っておかなくてはならない基本原則です。

ぼくが黒井みなみの名義で運営しているブログのなかで最大級のアクセスを集めている【タノブロ】というブログは当初、自分の経験を活かして「うつ病やひきこもりを改善する方法」を中心に記事を書いていました。

しかしネタにつまり、試験的に「ぼくの思う楽しいこと」というより広い(そしてよりパーソナルな)テーマで記事を書いてみました。

すると「このゲームがおもしろい!」とか「このヘッドホンがすごく良い音なんだ!」という内容の趣味的な記事が人気を集めはじめました。

それに合わせて「うつ病」や「ひきこもり」や「ニート」といった重いテーマの記事も読まれるようになり、飛躍的にアクセス数が伸びていったんです。

あなたのつくっているものがウェブサイトでなくあくまでも「ブログ」であるなら、悪いことはいいません、ウソをついてはいけない。間違った情報を流してしまう可能性があっても、せめて自分の気持ちには正直に記事を書くべきです。

たとえ炎上してもね!

シェアのご協力をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です