ブログを運営するなら「最低限」読むべき5冊の書籍

どうも、黒井みなみ(@961373)です。
本気でブログを運営したいなら「最低限」の知識をもつこと。

ぼくもまだまだブログ界に足を踏み入れたばかりの若輩ですが、ブログを運営するうえで(そしてブログをマネタイズするうえで)ためになったブログ運営本の良書を5つ紹介します。

大前提のはなし

ぼくは「全人類」がブログをやるべきだと考えています。無料ブログをつかえば子どもでもブログを運営することができるんですから。

ブログは「第二の脳」としての役割をもつほか「自分の意見をもつ」ための訓練の場にもなります。「日本人はさあ」なんていえるほど世界を知り尽くしているわけじゃないけど、日本人には「俺はこう思う」という意見をもっていないひとが多い。自分の意見をもっていても「バカだと思われたら嫌だ」とか「空気を読まないと」とか、そんな余計なことを考えていわなかったりします。

人間なんてバカなんだからさ。どんなにすごいひとにだって「つい」とか「うっかり」ということがあるはずです。踊らにゃあ損ってやつだよ。だからみんなブログやろうぜって話。

前置きが長くなってすみません。それでは本題へ。

ブログを運営するなら最低限読むべき良書5選

必ず結果が出るブログ運営テクニック100 – コグレマサト,するぷ

記事の書き方や書きつづけるコツから、マネタイズに関する基礎知識まで、幅広い情報が「ぎゅっ」と詰まった一冊。細かく章立てされており、それぞれの章がひとつひとつコラムのようになっているため、気になるところ、知りたいところだけをピンポイントで読むこともできます。

基本的なことから少し込み入った内容までが網羅的に書かれている書籍です。でも「教科書」というほど堅苦しくない。気軽に読めるうえ網羅的で、非の打ち所がない。

プロ・ブロガーの必ず結果が出るアクセスアップテクニック100 – コグレマサト,するぷ

「必ず結果が出るブログ運営テクニック100」と同じふたりのプロ・ブロガーが書いた本です。アクセスアップにかんする幅広い基礎知識が得られるだけでなく、ネタの探し方など「小さなことだけど重要なテクニック」が多く掲載されているのが特徴。

また本書では「目標を設定しよう」ということがよく書かれています。アクセスアップにもっとも重要なのは「書きつづけること」ですから、目標を設定することの大切さを説く本書は、それだけで良書といえます。

Google AdSense 成功の法則 57 – 染谷昌利

タイトルのとおりGoogleアドセンスにかんする本ですが、内容はそれだけにとどまりません。Googleアドセンスというと「とりあえず貼っておけばいい」くらいの考えをもったひとを見かけます。でもそんなに甘くない。

本書では「Googleアドセンスのはじめかた」から「集客できるブログの作成方法」までを広く解説しています。アドセンスと、それを貼る土台としてのブログ作りという実践的な内容となっています。ブログ(アドセンス)初心者向けの書籍ではありますが、非常に有益な「生きたノウハウ」が満載です。

アフィリエイト 報酬アップの絶対法則 61 – 河井大志

アフィリエイトの基礎やものを売るための基礎から、アフィリエイトのさまざまな体系にまで及ぶ大ボリュームです。絶対法則というだけのことはある。

しかし情報が多すぎてかえって乱雑な印象もあります。初心者向けにしては「詰め込みすぎ」なんじゃないかしら。「Google AdSense 成功の法則 57」か、イケダハヤトの「世界一やさしいアフィリエイトの教科書」を先に読んでからこちらを読むといいと思います。

世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生
Google AdSense 成功の法則 57

Googleアナリティクス アクセス解析完全ガイド – 皆川顕弘

最後はブログ初心者が「見て見ぬふり」をしがちな「アクセス解析」にかんする書籍を紹介します。ブログをはじめたばかりのころはアクセスが少ないからアクセス解析をしてもムダだ、なんて思ってませんか? はじめたばかりのころのほうがむしろ対策しやすいということもあるんですよ。

たとえば「アフィリエイト,最初の一歩」というキーワードでGoogleから訪問者の流入があったとき、そのキーワードをつかった記事を書いてみるとするじゃないですか。このとき、アクセスが少ないブログほど「お客さんの要望」に応えられますよね。検索エンジンからの流入が少ないうちに、しっかりと「お客さんが求めているもの」を把握して対策を打つ。あたりまえだけど非常に大切なことです。

本書ではGoogleアナリティクスの使いかたや、指標の見かたなど基礎知識から、アクセスを増やしていくための「内部的・論理的な」テクニックについて解説しています。

さいごに

ぼくは「本を読むことがもっとも手軽で安価な自己投資である」と考えています。読書量が多いほど高年収であるというデータもありますし、新しい知識を得るのはとても幸せなことです。

しかも自分の読んだ本をこうしてブログにまとめることで自分が読書により得た知識を再確認できる。すばらしいね。おまけに誰かが本を買ってくれたとしたら、これ以上に幸せなことはありません。

だからみんなブログやろうぜって話。

関連記事アフィリエイトの始め方1:無料ブログから始めよう

シェアのご協力をお願いします。

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です