AppStoreHelperでアプリ紹介は30倍加速する!

どうも、黒井みなみ(@961373)です。
MacアプリやiPhoneアプリをブログで紹介するのはとてもメンドウです。

そのつどiTunesアフィリエイト(phg)にアクセスし、LinkMakerというツールをつかってリンクを作成するのは時間がかかります。そこでぼくは「AppStoreHelper」というMacアプリをつかっています。これがあるとiPhoneアプリのまとめ記事も楽勝です。

関連:iPhoneを買ったらすぐに入れたい定番アプリ30個

AppStoreHelperとは

スクリーンショット 2015-08-03 10.28.56

【30倍速い】iPhone/Macブロガー専用htmlジェネレータAppStoreHelperテスト版 – ひとりぶろぐから引用しています。

AppStoreHelperは、AppleのApp Store 、Mac App Store(以下App Store)で扱うアプリケーションをブログなどで紹介しまくる人のために作られたアプリケーションです。

 

通常「iPhone, ipad, Mac」のアプリをブログなどで紹介するときにはAppStoreへのリンクを貼ることになります。簡単なテキストで「Evernote」とリンクを作成するだけならまだしも、アイコン画像をつけたり、アプリの価格を表示したり、スクリーンショットを貼ったり、とやるのは、とんでもなくメンドウなんです。そこでAppStoreHelperの登場!

AppStoreHelperのつかい方

インストールとセットアップ

まずAppStoreHelperをMacにインストールし、つぎにセットアップを行います。AppStoreHelperを起動して、メニューバーの「AppStoreHelper」から「初期設定」を開きます。

初期設定内の「アフィリエイトID」という項目にあなたの「アフィリエイト・トークン」を入力して保存します。アフィリエイト・トークンとはiTunesアフィリエイトに加入することでもらえるIDのことです。iTunesアフィリエイト(phg)にログインすると管理画面の右上に表示されます。アフィリエイト・トークンの設定をしたら準備完了です。

スクリーンショット_2015-08-03_10_33_57

 

つかい方

スクリーンショット 2015-08-03 10.28.56

上の画像はAppStoreHelperです。まず機種(iPhoneかiPadかMacか)を選びます。それから検索窓にキーワード(アプリの名前)を入力してアプリを検索します。

スクリーンショット 2015-08-03 10.29.04

目当てのアプリをクリックして「タグコピー」をすると、あなたのアフィリエイトIDつきのアプリ紹介用HTMLがクリップボードにコピーされます。これをブログなどに「ペースト」することであっというまにキレイなアプリ紹介ページがつくれちゃう。チョウ便利。

このようにアプリ(これはMacアプリ)を表示できます。
Evernote App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

4つのスタイルから選べるのがイイね

スクリーンショット_2015-08-03_10_28_56

AppStoreHelperには4種類の「書式」があります。これを変更することでさまざまなスタイル(見た目)のアプリ紹介用HTMLを生成してくれるんです。

先ほどのEvernoteのリンクはもっともベーシックな「書式1」を使用して作成したHTMLです。書式1から書式4までのスタイルをすべて見てみましょう。

注意:Affiliate-ZEROではCSSの関係(たぶん)でAppStoreHelperのスタイルが少しくずれてしまいます。その点を理解したうえでご覧ください。AppStoreHelperの「くずれていない」スタイルを見たいひとは公式ページにてどうぞ。

書式1
Evernote App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

書式2
Evernote App (無料)

書式3
Evernote (無料)

書式4

Evernote (Version 6.0.16) App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料
デベロッパ名: Evernote
リリース日: 2010/12/30
対応デバイス: 無し
現Ver.の平均評価: (3 / 3件の評価)
通算の平均評価: (3 / 1,090件の評価)
Game Center: 非対応
 

 

以上です。

書式1はよく見かけるアプリ紹介用HTMLですね。書式2はアプリの名前とAppStoreのロゴ、それから価格だけのシンプルなスタイルです。書式3はもっとシンプルでアプリの名前と価格しか表示されません。書式4はアプリの詳細なデータとスクリーンショットまでついた本格的なスタイルです。書式4はブログよりウェブサイトでつかわれるのかな?

  • 書式1:ポピュラーなアプリ紹介用スタイル
  • 書式2:アプリ名とAppStoreロゴと価格だけのシンプルなスタイル
  • 書式3:もっとシンプルでアプリ名と価格だけのスタイル
  • 書式4:アプリの詳細なデータとスクショまでついた本格スタイル

 

【参考までに】AppStoreHelperをつかった記事

Affiliate-ZEROをはじめとして、ぼくはいくつかのブログを運営していますが、それらのブログでAppStoreHelperを使用した記事をざっとまとめておきます。気になるものがあればぜひ読んでみてください。

 

おそらく他にもたくさんありますが、なかでも人気のある記事を4つ厳選しました。気になったら読んでみてね。

あとがき

AppStoreHelperはぼくのブロガー人生になくてはならないツールといっても過言ではありません。記事のなかで「そういうときはこのアプリをつかうといいよ」と気軽にアプリの紹介ができるようになったのは大きいです。

ぼくにとってなくてはならないツール(しかも無料のツール)は他にもたくさんあります。ブログやウェブサイトでお金を稼ぐことに特化した無料ツールをまとめた記事がありますので、それを紹介して終わります。さいごまでお読みいただき、ありがとうございました。

関連:アフィリエイトの始め方4:無料ツール11個まとめ

シェアのご協力をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です