アフィリエイトマインド3:すぐやる

どうも、黒井みなみ(@961373)です。
アフィリエイト・マインドの第3回は「すぐやる」こと。

アフィリエイト(ネットビジネス)にかぎらず、ぼくたちは「今すぐできること」ほど後回しにしてしまいます。

アフィリエイト業界でもアフィリエイト・ノウハウばかりを集めて実行に移せずにいるひと(ノウハウ・コレクター)がたくさんいます。

ぼくも「すぐ行動できないひと」でしたが、あることを意識するようにしてから少しずつ改善されてきましたね。

すぐやることの大切さについて

日常生活や社会生活においても「すぐやる」ことは非常に大切だと思います。今回は「アフィリエイト」における「すぐやる」ことの大切さについて。

ブログやウェブサイトは「ストック型」のメディアです。

ブログやウェブサイトを開設しても、そこに1つも記事がない状態では誰も見に来てくれませんよね。だってコンテンツがないんだもの。

とくにブログは「記事が増えれば増えるほどアクセス数も増える」傾向にあります。だから今すぐにはじめて1つでも多く記事を書くべきです。

1年かけてじっくりアフィリエイトの勉強をしてからはじめるより、今からはじめて1年間にわたり記事を投稿しつづけるほうがずっといい。

なんだったら「今こういうアフィリエイトの勉強をしています」という記事でもいいから書くべきなんです。

あなたが、あなたの目線で、あなたの感じたことや発見したこと、気づいたことをブログに書く。それだけでも十分に価値のあるメディアができあがります。

すぐやるひとになるためにぼくが意識したこと

すぐ行動できないひとだったぼくは、物事をすぐやるひとになるためにある1つのことを意識するようにしました。

それは「今」です。

ぼくは趣味で小説を書くんですけど「今」という言葉にはよく惑わされます。

というのも「今」とは「その一瞬」でしかないので、こうして「今」と口に出した瞬間、書き出した瞬間に「過去」になってしまいますよね。

あなたもご存知のとおり過去は変えられません。

だから「今」というその一瞬、その一瞬に「何をしたか?」が重要になってきますよね。

ぼくはこの「今という言葉の不安定な感じ」を意識して動いています。

「今」はすぐ「過去」になってしまう。だから「今」できることは「今」やらないと、どんどん時間の流れに飲み込まれて逆らえなくなってしまう。

と、考えています。

あなたが今すぐやるべきこと

まずブログをはじめる

あなたに「ほんの少しでも」アフィリエイトへの興味があるのなら、すぐに無料ブログをはじめてみましょう。

無料ブログによるアフィリエイトは「ノーリスク」ではじめられます。もちろんつづけるのもノーリスクです。

ぼくがおすすめするアフィリエイトに良い無料ブログサービスはGoogleが運営しているブログサービス「Blogger」です。

Google Blogger

Bloggerをおすすめ理由は「勝手に広告が配信されない」から。

アフィリエイトをするということは「自分で広告を貼る」ことになります。

ブログサービス運営側に勝手に広告を表示されてしまうと、ブログが広告だらけになってしまうことがあります。

そうなると見栄えもよくありませんし、SEO(検索エンジン最適化)的にもよくありません。

広告だらけだと検索エンジンに嫌われちゃいますからね。

Affiliate-ZEROの場合

だからアフィリエイターの多くは「レンタルサーバー」を契約して「独自ドメイン」を取得し、お金を払ってブログやウェブサイトを運営しています。

でも最初のうちは無料ブログのほうがいいですよ。

このブログも、レンタルサーバーを借りて、そこに独自ドメインのWordPress(ブログサービス)をインストールして運営しています。

ぼくは「エックスサーバー」というレンタルサーバーをつかっています。

ドメインは「エックスドメイン」という同社のドメイン取得サービスで取得しました。

他所よりちょっと割高ですが、サーバーと同じ会社でドメインを取得するとドメインの設定が楽ちんです。

エックスサーバー
エックスドメイン

さいごに

この記事を読んであなたが「はじめるぞ!」という気になってくれたのなら、これ以上うれしいことはありません。ライター冥利に尽きる。

アフィリエイトの始め方については、そのシリーズ記事を書いていますので、そちらを参照してください。

関連:アフィリエイトの始め方シリーズ


次回:アフィリエイトマインド4:目的と目標を正しく設定せよ
前回:アフィリエイトマインド2:学び続ける意志を持つこと

シェアのご協力をお願いします。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です