アフィリエイト商品が売れない!アフィリエイト商品を買ってもらうたった1つの正しい方法

どうも、黒井みなみ(@961373)です。
突然ですが、あなたはアフィリエイト商品を「売ろう」としていませんか?

ハッキリ言います。それではアフィリエイト商品は売れません。その理由と、どのようなスキルを手に入れればアフィリエイト商品が「売れる」ようになるかについて解説します。

大前提:売ろうとしてはいけない

バツ-女の子

ひとつ質問をさせてください。

あなたは「この商品をぜひ買ってください!」と迫ってくる店員から商品を買おうと思いますか?

 

答えは明白ですね。

しつこく迫られれば迫られるほど「買う」気持ちが萎えていき、最後には「何だコイツ?」とその店員を怪しむようになるはずです。

それと同じで「アフィリエイト商品を売ろう」とか「アフィリエイトで儲けるぞ」という考えがお客さんに伝わってしまうようでは売れません。

ポイントはアフィリエイト商品を「売ろう」とするのではなく「買ってもらえるように」することなんです。

常に「どうすれば買ってもらえるか」と考え、お客さんの胸のうちを読み取ろうとしてください。それこそがアフィリエイト商品を売るための「本質的なコツ」です。

お客さんの心理学

s_IMG_6254

そこで重要になるのが「お客さんは何を望んでいるのか」ということ。アフィリエイターにはアフィリエイターの考え方(マインドセット)があるように、お客さんにはお客さんの考え方があります。

アフィリエイターはあくまでも「買ってもらう」のであって「買わせる」のではありません。だから「買ってください!」とゴリ押しせずに、お客さんのほうから「買いたい!」と申し出てくれるようなページを作る必要があります。

 

その基本原則に欠かせないのが「どうすればお客さんは行動してくれるのか」という問いです。

アフィリエイトに限らず、商品を販売・宣伝する人間にとって「お客さんが何を考えどう行動するのか」を知っているのと、いないのとでは、雲泥の差が生まれます。

現代広告の心理技術101

現代広告の心理技術101

ぼくは「現代広告の心理技術101」という書籍を読んで、お客さんにアフィリエイト商品を買ってもらうための「41の具体的なテクニック」を学びました。

この本を読むと、

  • お客さんが何を望んでいるのか
  • どういったときに人間は行動を起こすのか
  • お客さんに満足してもらう方法

 

などを学ぶことができます。

悲しいことに、アフィリエイターのなかには「お客さんを騙す」ようなかたちでアフィリエイト商品を売りつける人間もいます。

この記事を最後まで読んでくれたあなたには、卑怯なアフィリエイターになってほしくありません。

一朝一夕のスキルやノウハウに惑わされず、オリジナルなアフィリエイト・スタイルを確立するための「基礎」として「現代広告の心理技術101」をおすすめします。

現代広告の心理技術101

シェアのご協力をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です