アフィ広告とブログを別物だと考えるべきたった1つの理由

どうも、黒井みなみ(@961373)です。
アフィリエイトのためにブログ記事を書いているとつくづく思うのが「ネタがねえなあ」ということです。

アフィリエイトをするかぎりネタを探さなきゃいけないのはしんどい。だから「アフィリエイト用のネタのつくり方」というノウハウを持っておくと良いですよ。

今回は「アフィ広告とブログを分離して考えることでアイデアを思いつきやすくする方法」についてお話します。

アフィ広告とブログをいっしょくたに捉えると視野が狭くなる

ぼくが数年、実際にアフィリエイトを行って気づいたことのひとつに「アフィ広告とブログ記事をいっしょくたに捉えると視野が狭くなる」ということがあります。

アフィ広告とブログ記事を同一に考えると「アフィ広告とブログ(ブログテーマ)のふたつにぴったりと合った記事」を書かなければいけないと思ってしまいます。

 

すると「アフィ広告に合う」と「ブログテーマに合う」というふたつのフィルタを通過できたアイデアだけが記事になります。

しかしこれではすぐに「ネタ切れ」を起こしてしまうんです。

アフィ広告とブログをそれぞれべつに捉えることで視野が広がる

ネタ切れを起こしそうなとき、ぼくはある簡単な「ストレッチ」を行います。それが「アフィ広告とブログをそれぞれべつに捉えてみる」ことです。

「アフィ広告」と「ブログ」をべつべつに捉えて「アフィ広告かブログのどちらかに合っていればアイデアを採用する」ようにします。

 

こうすることでぼくの視界は一気に広がりました。

具体的にいうと・・・

アフィ広告とブログを同一視している場合
  1. アフィ広告にのみ合った記事(ボツ)
  2. ブログにのみ合った記事(ボツ)
  3. アフィ広告とブログ両方に合った記事(採用)

 

このような思考回路だったのが、

アフィ広告とブログを区別している場合
  1. アフィ広告にのみ合った記事(採用)
  2. ブログにのみ合った記事(採用)
  3. アフィ広告とブログ両方に合った記事(採用)

 

こんなふうに変化します。

むやみにアイデアを採用するということではありません。アフィ広告とブログの関連性をいちど取り払って考えることで「意外なアイデア」を思いつくことも少なくないのです。

またアフィ広告と記事の内容(ブログのテーマ)がぴったりと合った記事とは、すなわち「商品のセールトーク」なんですよね。

セールストークなんて誰も聞きたくないでしょ?

このストレッチ(トレーニング)をつづけることで「アフィ広告やブログテーマとブログ記事はぴったり合っていなくてもいいんだ」ということに気づくことができます。

クリーンで美しいアフィリエイト・モデルなら「風花初芽」。今なら7,700円という驚きの安さでスマートに稼ぐノウハウを手に入れることができます。

風花初芽はこちら:初心者にやさしい風花初芽

シェアのご協力をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です